上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
エス 咬痕 エス 咬痕
英田 サキ (2005/05/28)
大洋図書

この商品の詳細を見る


<内容>
どこまで身体を開けばいい?どこまで心を許せばいい?
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対5課」の刑事である椎葉は、拳銃の密売情報を得る、言わば拳銃押収のスペシャリストだ。その操作方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った情報収集活動に重点が置かれている。そんなある日、大物ヤクザである宗近をエスとし、自分の身体を餌に情報を得る椎葉に、上司からの命令が下った。それは同僚の刑事である永倉の援護をするというものだった!刑事とエス。それは運命を共有する関係でありながら、決して相容れない存在でもある。英田サキが贈る孤独に生きる男達の歪で鮮烈な愛の物語。

★★★★☆

何だかあれです。
昨日の今日で申し訳ないんですが、エス、やっぱり面白いデスね…
多分前はマンネリ化してたんですよ。極道というかヤクザものに
確か4冊くらい連続でヤクザもの読んだ後にエス読み始めたんですよ。
ただハードな話なので連続で読むのは肩に力が入って疲れそうです笑

奈良千春さんの絵は、やっぱりカラーが素晴らしいですよね~


スポンサーサイト
2007.04.25
Secret

TrackBackURL
→http://uselessliar.blog72.fc2.com/tb.php/101-0404b37a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。